会長挨拶
顔写真
平成28年度 卒業式 祝辞
只今、ご紹介を頂きました緑窓会 会長の古屋敷でございます。
一言お祝いのご挨拶を申し上げます。
第69回 ご卒業の皆さん、誠におめでとうございます。
皆さん、お一人おひとりには、心からお祝いを申し上げますとともに、吉永校長先生をはじめ先生方各位のご功労に対し、改めて敬意を表したいと思います。
今こうして皆さんの姿を拝見していますと、うれしさは言うまでもなく、頼もしさ、心強さをヒシヒシと感じております。
これからの長い人生のなか、ほんのひと掴みの時間とも言えます三年間、県高在校中は、まさに勉学にスポーツにクラブ活動にと充実した時間を過ごされ、且つ、その間、いろいろな思い出、出来事があった事と思います。
今は沸々と思い起こされていることと思います。
皆さんはこの4月から、進学される方、社会人としてスタートを切られる方とそれぞれの進路に向かわれ、一人一人の個性ある人生を歩まれることとなります。
しかし、皆様お一人おひとりは県立伊丹高校をベースとした共有できる関係にあり、同窓生と言う力強い関係にあります。
皆様は県立伊丹高校卒業生であると言うプライドを持ち続けて頂くとともに、在校中に培われた強い友人関係を何時までも大切にしていただきたいと思います。
卒業後の皆さんには母校との永久のつながりとして、同窓会「緑窓会」があります。
私からこの機会に同窓会「緑窓会」についてお話をさせて頂きたいと思います。
「緑窓会」は会員相互の交流を深め、その親睦を図るとともに、社会へ貢献する活動を推進し、母校の発展に寄与する事を目的として活動をしております。
具体的には春の観桜会、理事会での講演会、秋の総会、講演会、懇親会等の実施、母校の国際交流、部活動への支援、皆さんの手元に届いていると思いますが年一回の「緑窓会報」の発行、ホームページ「ビイキタ」の運営、そして会員名簿の管理などに係る各種事業を展開しております。なお、皆さんに利用していただいていた「緑創館」も母校創立100周年を記念して「緑窓会」が建設をした記念館です。
卒業後も皆さんには「緑窓会」に関心を向けてもらい、クラス会、同期会等の開催の計画があれば、どしどし緑窓会を活用してください。
ここでお願いですが、年会費千円の納入には協力下さいますようお願いします。
最後になりましたが、県立伊丹高等学校の発展と卒業を迎えられた皆さんに、心からの祝福を贈り、そして、輝く光が未来を照らし続けることを確信し、私からのお祝いのご挨拶とさせて頂きます。