会長挨拶
photo
会長挨拶

会員の皆様、お元気でしょうか。
日頃より豊工会本部へのご協力心より感謝申し上げます。

6月22日オアシスホテルで、豊工会発足110周年記念総会祝賀会を
300人を超える会員、来賓をお迎えして盛大に執り行いました。
学校創立118年、同窓会発足110年、卒業生は3万人を超えました。御出席いただきました皆様方に心より感謝申し上げます。

豊工会は明治42年に発足致しました。私たちの先輩は、明治、大正、昭和、平成と「技術の力」で日本国の発展に大きく寄与して参りました。
現在は技術のみならず、商業、サービス、スポーツ、芸能、政治とあらゆる分野で活躍をしております。

こんな素晴らしい組織は大分県では他にありません。同窓会組織の大きな目的は二つあります。
一つは会員の親睦と交流、二つ目は母校で頑張っている後輩の物心両面の援助です。

会員の親睦と交流は、豊工会の発展と活性化に繋がります。
今年も各支部の総会に出席させて頂きました。
大在支部では新会員は9人増えました。理由を聞きますと、会員が手分けして家庭訪問をして勧誘したとの事、誠に頭が下がります。
別府支部では19歳20歳と若い会員が4名参加してくれました。豊工会の勢いを肌で感じました。これが親睦と活性化です。

二つ目は少子化と人口減少により全国で高校の統廃合が進んでおります。大分工業の名前をなくすことは絶対にしてはなりません。母校の発展のために今の子供達に頑張って貰わなければなりません。その為の物心両面の援助をする事です。
これからもこの二つの目的に向かって豊工会は邁進していきます。

今回110周年にあたり同窓生の皆様方には、多額の寄付を頂きました。この場を借りてお礼を申し上げます。

最後に皆様方の益々の発展を祈念致しまして、挨拶といたします。



       (一社)大分県立大分工業高等学校同窓会(豊工会)
               会 長  赤嶺 昭