校友会事務局からの重要なお知らせ

対面授業が始まりました。
2021年04月20日 14時33分

お知らせの画像

明るい初夏を思わせる日差しの中、4月19日(月)から大学の対面授業が始まりました。



食堂前の欅の葉も日に日に緑が濃くなり、学生の憩いの場所をつくっています



新入生は、授業の教室を探しながら校舎内を初々しい様子で歩きまわっています。県外から入学した学生に工科大の印象、履修登録等について質問すると、「思っていた以上にきれいなキャンパスでうれしいです。友達探しはこれからですが、それよりも早く大学に慣れたいと思います。履修登録はパソコンでスムーズにできました。自分が履修した授業に出られることが楽しみです。」と前向きな声を聞くことができました。



休み時間に教室を移動する学生たち



昨年の4月にはキャンパス内をほとんど人が歩いていませんでしたが、授業の休み時間になると、次の教室に小走りで移動する学生や木陰で語らう学生たちを目にすることができ、本当に大学らしくなってきたことを私たちもうれしく思っています。



新しくできた友達と語らう新入生たち



なお、大学は対面授業の開始にあたり、次のようなコロナ感染対策を立て、細心の注意と配慮を行っています。



授業・大学での活動について



対面授業時には、マスク着用の義務付け、学生の私語厳禁、教員のマイク使用、教室のAV操作卓前のアクリル板の設置等を行っています。教室など共有箇所については消毒、換気を頻繁に行っており、学生がキャンパスで安心して教育・研究活動を続けられる環境を整えています。また、グループワークなど会話を伴う講義では全員にフェイスシールドを配布するとともに、研究室では、密を回避するために曜日別に人数制限を設けるなど工夫を凝らし研究活動を実施しています。



次の授業待つ1年生。全員マスク着用です。


P R

banner
banner
banner
banner