沿革

【七宝会沿革】

昭和28年5月  国立詫間電波高等学校同窓会発足
   (会員は官立大阪無線電信講習所本科と国立詫間電波高校卒業生)
   初代会長 岡 博 就任
 昭和29年10月  尾鷲支部および長崎支部発足
 昭和30年10月  高松支部発足
 昭和31年6月  広島支部および高知支部発足
 昭和32年6月  神戸支部発足
 昭和33年5月  松山支部および岡山支部発足
 昭和35年6月  大阪支部および関東支部発足
   同窓会の俗称を「七宝会」と定める
 昭和36年6月  尾道支部および徳島支部発足
 昭和38年7月  第2代会長 芥 繁美 就任
 昭和39年5月  名古屋支部発足
 昭和40年8月  第3代会長 田中 修 就任
 昭和43年6月  官立無線電信講習所大阪支所および官立防府無線電信講習所の
   卒業生を会員として迎える。
 昭和46年7月  「七宝会」を同窓会の正式名称と定める。
   (読み方は,「しちほうかい」又は「しっぽうかい」)
 昭和54年4月  東関東支部発足
 昭和61年8月  七宝記念館新営工事完成
 昭和61年11月  第4代会長 坂井 志幸 就任
 平成2年8月  第5代会長 横田 壽夫 就任
 平成2年12月  福岡支部発足
 平成6年7月  第6代会長 奥島 弘文 就任
 平成10年8月  第7代会長 林 良材 就任
 平成14年8月  第8代会長 織田 隆雄 就任
 平成17年7月  既存支部を6支部(10分会)に再編
 平成18年7月  第9代会長 久住 利彦 就任
 平成21年6月  七宝会ウェブサイト運営開始(会誌の電子配信開始)
 平成22年7月  第10代会長 久保木 志良 就任
 平成24年7月  第11代会長 金子 知好 就任
 平成27年6月  会誌「七宝」を電子化移行
 平成29年8月  第12代会長 新見 康豪 就任