沿革


(社)大分県立鶴崎工業高等学校 同窓会『鶴匠会』 沿革


◆明治39年7月10日 続 彦三、河井 融、大津太四郎三氏の主唱、得丸善左衛門、松尾寿七郎、江藤豊蔵、加賀秀保四氏の私財投入により私立鶴崎工業徒弟養成所創立開校(鶴崎町堀川旧細川候御蔵使用)竹藍科設置(修業年限なし)
◆明治45年4月1日 鶴崎町城町旧細川候御茶屋跡に移転
◆大正12年4月1日 県立移管により大分県立工業高校鶴崎分校と改称、修業年限3年
4月18日 開校祝賀の式典挙行
◆昭和5年7月10日 第24回創立記念式典
9月13日 第1回同窓会総会開催 会則制定、名称を「鶴匠会」と定む
◆昭和6年4月11日 創立25周年および開校記念祝賀の式典挙行校旗制定
◆昭和23年3月1日 旧制中学校としての大分県立鶴崎工業高等学校、同鶴崎中学校、同鶴崎高等女学校を廃止し、新制高校として大分県立鶴崎高等学校設置される
◆昭和34年8月23日 大分県立鶴崎高等学校同窓会設立 会長 森 真多喜
◆昭和35年4月28日 同窓会(鶴匠会)法人設立認可
◆昭和36年3月31日 大分県営造物条例を改正して大分県立鶴崎工業高等学校を新設
◆昭和39年2月11日

校歌の制定

校歌発表会および予餞会挙行

◆昭和42年1月26日 同窓会(鶴匠会)法人登録完了
◆昭和46年4月14日

校訓制定(勤勉、協調、創意)

◆昭和50年11月14日 創立70年記念式典挙行
◆昭和61年9月21日 創立80周年記念式典挙行
◆平成3年10月16日 創立85周年記念 鶴匠会会員名簿印刷着手(2.500部)

 

 

 

 

P R

banner
banner
banner
banner