アクセス/校歌

大分県立大分鶴崎高等学校同窓会
現住所: 870-0104
大分県大分市南鶴崎3丁目5番1号
TEL 097-527-2166
FAX 097-521-5443
URL http://kou.oita-ed.jp/oitaturusaki/
E-mail 


大分県立大分鶴崎高等学校校歌

河西 新太郎 作詞
長谷川 良夫 作曲

1 東雲(しののめ)燃ゆる 朝空に 
  平和の光り 仰ぎつつ
  若き希望の 眉あげて 
  拳(こぞ)る拳(こぞ)る 鶴崎高校の
  我等に意気と 力あり

2 大野の流れ 澄むところ 
  心の珠(たま)を 磨きつつ
  真理求めて 撓(たゆ)みなく 
  学ぶ学ぶ 鶴崎高校の
  我等に夢と 理想あり

3 緑の山河 虹たちて 
  自主独立の 風(ふう)を呼びつつ
  愉(たの)し同胞(はらから) 今此処(ここ)に 
  集う集う 鶴崎高校の
  我等に愛と 自由あり







大分県立鶴崎高等学校応援歌

脇 太一 作詞
千本 延隆 作曲

1 青春花と 咲きかおる
 大野の流れ はつらつと
 若鮎おどる 我が選手
 不屈の闘志 火をはけば
 水もわきたち ほとばしる
 フレー鶴崎 フレー鶴崎
  フレー フレー フレー

2 希望はたぎる 豊の海
 磨きし技を 堂々と
 示せよ強き 我が選手
 ベストを尽す 雄々しさに
 風もはためき 雲を呼ぶ
 フレー鶴崎 フレー鶴崎
  フレー フレー フレー

3 愛校燃ゆる たたかいに
 勝利の旗を さっそうと
 かかげよ高く 我が選手
 かちどき揚る 感激に
 由布もどよめき こだまする
 フレー鶴崎 フレー鶴崎
  フレー フレー フレー







大分県鶴崎中学校校歌

得丸一郎 作詞
杉田信夫 作曲

1 悠揚として大野川
 めぐらすほとり朝夕に
 仰ぐ九六位 望む由布
 風晴れわたる学舎は
 清新の気に今満てり

2 輝く歴史先哲が
 築きしところ春や秋
 貫く至誠継ぐ遺風
 みことかしこみ修むべき
 皇国の道は一すじに

3 凛たる気魄向上の
 光に映えて溌剌と
 鍛ゆる体練る心
 嵐に霜にたゆみなく
 学びの業にいそしまん

4 花橘の香にかほる
 誇に勢ふ兄弟の
 誓いは固し意気昂し
 久遠のあかりかがやかに
 かざして目ざす大理想







惜別の歌

金山 道玄 作詞
金山 道玄 作曲

1 静かに来れ吾が友よ
 憂いの心を鎮ませて
 この一時の追憶に
 消え行く若き日を送らん

2 われらが影を落したる
 この庭この日想い出が
 見よ、音もなく風たちて
 永劫(とわ)の彼方に去るぞかし

3 同じ想いに憧れを
 秘めて歩きし三年(みつとし)が
 げに、萌え出づる春のごと
 涙にかすみ溶けやらぬ

4 斯くも静かに去りゆくか
 愛と誠に契る日が
 奇しき縁(えにし)と思いなば
 魂の別離と泣く勿れ

5 ああ、青春は今かゆく
 また帰り来ぬ生命なれ
 宴(うたげ)も黙(や)みしこの庭に
 足音も無き「時」の舞

6 ああ、友よみな美(よ)き夢に
 去り行く影を踏みしめて
 悲傷(かなしみ)を秘め眉上げて
 この一時を佇(たたず)まん
 別れの歌に微笑まん







かつらぎ台の歌

1 宴の夜は巡り来て
 闇を流るる感激の 
 友の歌声我和せば
 ああ喜びはこの庭に
 涙は誘う友愛を

2 はるばる丘に登り来て
 こうげい三年春と秋
 静かにこの夜思い出は
 山の彼方に住むならで
 人生の幸ここに見ん

3 君よ憂いを秘むなかれ
 共に肩組み我泣かん
 君が喜び語れかし
 共にいだきて我舞わん
 同じ学びの仲なれば

4 げに嬉しきは友にして
 げに尊きは若さなれ
 若きに集うますらおの
 沈む思いを振り捨てて
 ああ若き日をすごさばや

5 燃ゆる血汐の薄れては
 ともに何処に老いてゆく
 悲しく春のさめゆけば
 うまかりし日の思い出の
 花は何処に萎みゆく

6 かつらぎ台に冴ゆ月の
 静かにこの夜更けゆけば
 新し夜はいま眠る
 ちぎりは固き我が友よ
 語り明かさん今宵かな
 夜明けを待たん今宵かな



P R

banner
banner
banner