校友会事務局からの重要なお知らせ

11月7日(土)電子・光工学科「ホームカミングデー」が開催されました。

2020年11月09日 15時04分


11月7日にオンライン形式で電子・光システム工学科及びシステム工学群電子・光系の先生方と卒業生・修了生による「ホームカミングデー」が開催されました。

 

「ホームカミングデー」開催の趣旨は次のとおりです。

 

《発起人:八田先生の案内文より》

ホームカミングデーは卒業生、同窓生が母校に集うイベントとして、多くの大学で毎年開催されています。

高知工科大学 電子・光システム工学教室は卒業生・修了生と現役学生、退職教員と現役教員の絆を結び、お互いの飛躍につながるネットワークを築くきっかけとして、ホームカミングデー/オリンピックイヤー同窓会を開催いたします。

本来であれば高知へお越しいただいて、みんなで大いに盛り上がりたいところですが、コロナの感染拡大防止の観点から、今回はオンラインによる開催といたします。    

オリンピックイヤー同窓会は、各研究室の同窓会を4年毎にオリンピックイヤーの11月第一土曜日を候補として企画するものです。

コロナ禍での事業継続などでご多忙のことと思いますが、ぜひともご参加賜りますようお願い申し上げます。

システム工学群電子・光システム工学教室長 八田 章光

 

 

■八田先生は八面六臂の大活躍、始まりから終わりまでご苦労様でした

 

 

ホームカミングデープログラム

■第1部:15時00分から16時30分

々眞旅科大学ナウ(今の大学の状況を紹介)

八田先生が開学からの今日までの大学及び電子・光システム工学科の変遷について説明されるとともに初代学科長 平木先生のご挨拶(手紙)を代読されました。

現役教職員の近況報告

 参加者(順不同・敬称略)

福島 史郎、田上 周路、李 朝陽、牧野 久雄、小林 弘和、密山 幸男、古田 寛、星野 孝総、岩下 克、山本 真行、橘 昌良、綿森 道夫、八田 章光

●先生方が卒業生たちに伝えたい思いが熱く、当然のように予定時間をオーバーしてしまいました。

OB教職員の近況報告

 参加者(順不同・敬称略)

山本 利水、杉田 彰久、眞田 克(手紙)、野中 弘二、神戸 宏、矢野 政顯、木村 正廣、山本 哲也、武田 光由、河津 哲、井上 昌昭(ビデオ収録)

●卒業生がお世話になった懐かしい先生方が近況報告とともに、これからの卒業生の未来や生き方の指針(心構え、腹のすえ方等)を語ってくださいました。

つ鼻‥

  電子・光工学科の発展に貢献しつつ惜しくもお亡くなりになられた関口 晃司先生、

  成沢 忠先生のお人柄を井上 昌昭先生がユーモアを添えて紹介してくださいました。

■第2部:18時00分から20時00分  オリンピックイヤー同窓会

 八田先生の紹介で校友会会長福見さんから高知工科大学同窓会から校友会への発展について説明の時間をいただき、今後卒業生を中心に積極的に交流会を開催してもらいたいと挨拶がありました。

 

 

■校友会事務室から緊張しながら挨拶する福見会長

 

その後三々五々卒業生や先生方がそれぞれのルーム(ヴァーチャルな革張りのソファが用意されました!)に集まり、オンラインで語り合い、楽しい時間を過ごしていました。

 

 

■第1部の集合写真(一部)。お世話になった先生方も相変わらずお元気そうでなにより!  

 

 

 

■電子事務室の中山 愛さんが「ホームカミングデー」運営のサポートをしてくれました。

 第2部の八田研同窓会(一部)の様子です。

 

                   

■校友会事務局から(依頼)

 この度の「ホームカミングデー」への呼びかけは、八田先生の依頼を受けて校友会から卒業生に郵送で連絡しましたが、残念ながら住所変更登録がなされていないため、このイベントを知らなかった卒業生が多かったようです。今後も様々なイベントをご紹介してまいりますので、住所変更の更新をお願いします。

 また、卒業生同士の懇親会や交流会を開催する場合は、校友会から会費の助成を行います。くわしくはこの画面の右バナーの「交流会開催助成」をご覧ください。



高知工科大学校友会トップページへ戻る