校友会事務局からの重要なお知らせ

「卒業生の記念樹は今―2019年版」をアップしました。

2019年04月18日 15時05分


 卒業式、入学式、オリエンテーションも終わり、新入生はキャンパスになれた頃です。

 この時期に大学祭実行委員会が4月21日(日)に新入生歓迎会を企画しております。ぜひたくさんの新入生に参加していただきたいと願っております。もちろん校友会もこうしたイベントを支援するために助成しております。

 

 入学式に八分咲きであったソメイヨシノももうすっかり葉桜となりました。今年卒業した学生が植えた記念樹(枝垂れ桜)にも若葉が付き始めております。がんばれ、新人!

 

 

 

では1期生や2期生の桜はどうなっているか、まとめてお伝えします。

 

フォトアルバム「卒業生の記念樹(桜は今ー2019年版)」をご覧ください。 毎年、同じタイミングで、同じように咲くわけではなく、今年はなぜか七期生の枝垂れ桜が力強く咲き始めてくれました。17期生や18期生の桜はやっと根付いたところ、枝垂れ桜は成長が遅い分ソメイヨシノの何倍も長生きします。福島県三春町の滝桜は樹齢がなんと1000年といわれております。

 

 1000年後の工科大は想像できませんが、まだまだ若い工科大がこれからどのように発展していくかは、卒業生の皆さんの活躍にかかっています。各地にある校友会支部と一緒に大学を盛り上げてもらいたいと願っております。

 

 香美キャンパスのグラウンドを取り巻くように、今は八重桜が見ごろを迎えております。

フォトアルバム「2019年4月 工科大の桜など」をクリックしてしばし工科大を懐かしんでいただければ幸いです。

 

 



高知工科大学校友会トップページへ戻る